長期の工場の求人のデメリットを解説!

工場の仕事に向いている人

工場の仕事は比較的給料が良く、お金を稼ぎたい人にとっては魅力的な仕事と言えます。また仕事内容も簡単な軽作業が多いため、体力面で不安がある人も働きやすいのではないでしょうか。単純な作業を1日中繰り返すので、一人で淡々と作業をすることが好きな人にとっては天職と言えるかもしれません。接客をしたり人前でプレゼンを行うこともありませんので、コミュニケーション能力に自信がない人でも無理なく仕事を進めて行くことができます。工場の仕事では残業になればきっちり残業手当は支払われますし、夜勤の場合は夜勤手当も付与されます。大手メーカーの工場では福利厚生などもしっかりとしているので、安定志向の人にもメリットが多い仕事です。

メリットがそのままデメリットに

それでは工場の仕事のデメリットとはどのようなものなのでしょうか。工場の仕事は向いている人にとってはメリットだらけと言えますが、人によってはこれらのメリットがそのままデメリットになってしまう場合があります。まず工場での仕事内容は単純作業がほとんどですが、同じ作業を繰り返すことが苦痛でしかない人には耐えられないでしょう。人前に出て自分の考えや意見を積極的にアピールしたくても、工場内で仕事をしている限りあまりそのようなチャンスは巡って来ないかもしれません。福利厚生などの待遇が良いに越したことがないのは当然ですが、仕事内容に刺激を感じられないままに長期間働くことが苦手な人は工場の仕事は向いていないかもしれません。