短期の工場の求人のデメリットとは!?

単純作業で働く人によって向き不向きが分かれること

工場の仕事の特徴は、単純作業が多いことです。電動ドライバーでネジを締めたり、部品をはめこんだり、検査をするなど、決められた作業を1日中ひたすら繰り返します。その同じ作業が、何日も何か月も続いていきます。あまり人と関わりたくない傾向のある人や、単純作業の繰り返しが苦にならない人にとっては向いている仕事ですが、接客業など人と関わることを好む人にとっては、苦痛な仕事に感じられる可能性があります。また単純作業とはいえ慣れるまでは、体力的にも精神的にもハードな仕事です。ライン作業では次々と製造されてくる製品が流れてきます。たったひとりでも制限時間内に作業をこなすことが出来ないと流れがつっかえてしまい、ライン全体が即時に止まってしまいます。そうならないように、作業をこなさなくてはならないプレッシャーが仕事中ずっと続きます。作業中はずっと立ちっぱなしなので、心身共にハードな仕事だと言えます。

派遣社員として雇われるため、正社員とは扱われ方が異なること

工場の仕事は、派遣会社を通じて契約が取り交わされ、派遣社員として働くことになります。工場ではすでに勤務している正社員と一緒になって仕事をします。ほんのごく一部ですが、どこの工場にも正社員の方が偉いと思っている人たちが存在し、派遣社員を差別してしまうということが実際には起こっています。また大元の工場の雇用側は、製品の生産量が増えたときだけに必要な、臨時的な調整人員として派遣社員を集めています。そのため、社員登用制度で派遣社員から正社員にしてもらうことはありません。そして、製品が減産されれば、それに応じて派遣社員は契約を打ち切られます。本人がもっと長く働きたいと思っても正社員とは異なり、長期に渡って働くことが出来ないのが派遣の工場の求人のデメリットです。